Python フォルダ名の操作

Pythonでフォルダ名の操作をすることが多いのでメモ よく使うコードが増えてきたら追加していく.

vscodeからmariaDBに接続する

VScodeにmysqlツールをインストール

vscode内でmysqlと検索しインストール

mariaDBでユーザーを作成する

ログインで来ていれば成功。

リモートアクセスによるログインを許可する

エラーが出力された。
いろいろ調べてみたらこのようなサイトを見つけた。

ポートの確認

FTPとSSHのポートしか開かれていないことがわかる。

IPアドレスのバインドを解除する

再度ポートを確認してみる

リモート接続確認

Visual Studio Codeの設定

macにインストールしたVSCodeからDBを操作するための設定 ①VSCodeを立ち上げてExtensionsを選択
②MySQLを選択
③インストールをクリック(画像のアンインストールの場所に表示されます。)
④エクスプローラーをクリック
⑤下部にMYSQLが表示されるのでクリック
⑥+ボタンが表示されるのでクリック
⑦画面上部にウィンドウが表示されるので下記の順に入力
 1. The hostname of the database:DBのIPアドレス
 2. The MySQL user to authenticate as :接続したいユーザー名
 3. The password of the MySQL user:選択したユーザーのパスワード
 4. The port number to connect to:DBのポート
 5. SSL certificate path.Leave empty to ignore.:何も入力しなくてOK
⑧エクスプローラーのMYSQLにDBのIPアドレスが表示されるのでクリック
⑨権限のあるDBやテーブルの一覧が表示される。

これでセッティング完了。これでSQLの勉強が捗ります.

Raspberry piにFTP構築

ラズパイとのファイルのやり取りをUSBでやっていたのだが面倒になり
FTPサーバーをラズパイにたてることにした。

参考にしたサイト

参考1
参考2

初期設定

FTPサーバー起動

Raspberry PiにmariaDBをインストール

SQLの勉強をしたいなーと思い、Raspberry piにSQLサーバー的なものをインストールすることにしたのでその手順を残しておきます。Raspberry Piのターミナルから直接操作。

とりあえずインストール

初期設定

ログインしてみる

ん??エラー出て入れない。。。
と思っていろいろ調べていたらQiita内に@mtmtEMさんの記事を発見したので
それ通りやってみた結果

となり、ログインできた。
次回はテーブルをDBの中に格納したりしてみる.

Markdownの書き方まとめ

HTMLの勉強をしていたらMarkdownというものを見つけたので
個人的にいつでも使えるようにまとめておく。

参考サイト

Qiita:@tbpgrさんの記事

見出し:#

#:見出し1

##:見出し2

###:見出し3

####:見出し4

線:*** or ___


アスタリスクかアンダーバー3つで囲む


強調

Italic(emphasis):* [text] * or _ [text] _

アスタリスクで囲む
アンダーバーで囲む

Bold(Strong):** [text ]** or __ [text] __

アスタリスク2つで囲む
アンダーバーで囲む

強調(emphasis+Bold): *** [text] *** or ___ [text] ___

アスタリスク3つで囲む
アンダーバー3つで囲む

Code: [text]

バッククォーターで囲む

その他

リンクの貼り方:[表示名](リンク)

youtube

取り消し線:~~ [text] ~~

波線2つで囲む

箇条書き:- [text]

  • 箇条書きをネストする場合
    • ネスト1
      • ネスト1_1
    • ネスト2

番号付き箇条書き:1. [text]

  1. 箇条書き
  2. 箇条書き

シンタックスハイライト:~~~[language]
            [text]~~~

ページ内リンク:[見出し](#見出し)

リンクの貼り方(見出し名)

表示名

表を表示

header1header2header3
leftrightcenter
abc

折りたたみ:<details><summary>title</summary>contents</details>

VScode上ではうまく表示されたがブログではされない笑

とりあえず使いそうなのはこのぐらいかな.

Raspberry piでNFCタグを読み込む

raspberry pi をつかってNFCタグを読んでみたいと思っていたら
nfcpyという便利そうなものを見つけたので導入してみた。

まずはインストール

いろいろ設定する

上記のメッセージの指示に従う。
恐らくsudo権限じゃなくても実行できるようにしている。

一旦再起動する。

再度入力すると表示が変更されている。

読み込み実行

ディレクトリを移動してサンプルファイルを実行してみる。

あら?エラー発生。
そーいえばnfcpyはpython2に対応しているらしいので
念のためインストールしておく。

再度読み込み実行!

ディレクトリを変更して実行すると。。。

無事読み込みできた。次は書き込みするプログラムを書いてみようっと.

Python_Tkinterを使ってみる

pythonでGUI画面を作成したくてtkinterを使ってみた。
tkinterは標準ライブラリらしく、Raspberry Piへの移行も楽そうなのでいろいろ試してみる。
参考にしたのはこちら。
公式ドキュメント?
http://www.shido.info/py/tkinter2.html

なるほど。tk.Tk()とmain_loop()の間に配置したいラベルとかを記入するっぽい。
いろいろ調べてみたらウィンドウの中にフレームを作ってから配置したほうがいいっぽい。

Frameを使ってみる

いろいろ試してみたけど配置するの難しいっす。

きれいにラベルとか(ウィジェットって呼ぶらしい)を配置する方法と思っていたら
“grid”を使えばできそうな事がわかったので、次回はgridを使ってみる。

プーケット旅行記

2019年10月初プーケットの旅!!

初ブログ!ってことで最初の記事はプーケット旅行記!
今回は美味しかったごはん屋さんを備忘録的に残していこうと思います。

★===
 宿泊場所:The KEE Resort & Spa
 パトンビーチのすぐ近く!立地的には最高の場所でした!
★===

【タイの朝食】カオマンガイ

まず、タイなど東南アジアでは有名な庶民料理であるカオマンガイを食してきました!
バイレイというプーケットでは有名なお店に行ってきました!

どん!!!

カオマンガイ

★===
お店の情報
 名前:バイレイ(BRILEY)
 価格:60バーツぐらい(大盛りは80バーツ)
 住所:
★===

【タイ名物】グリーンカレーチャーハン

一度は食べてみたかったグリーンカレー!
プーケットタウンで適当に入ったお店でなんと、
グリーンカレーチャーハンを発見!

う、、、美味い、、、
口に入れた瞬間、グリーンカレーの旨味がブワーと広がる!
これを食べる前日にホテルの夕食でグリーンカレー食べたんですが
それよりもこっちのほうが美味しかった。。
個人的にはタイで食べた料理で一番美味しかったです!

★===
お店の情報
 名前:TOM YUM GOONG
 価格:100バーツ未満
 住所:
★===

【タイ料理の定番】ガパオライス

タイ名物の1つガパオライス。
こちらはパトンビーチからホテルに帰ってる間にあったお店で発見!

ガパオライス

いやーーー美味い!
バジル風味の挽き肉とご飯がとても合いますね!
ちなみに卵は注文時に頼まないとついてこないことがあるらしいので注意です。
※お店の名前覚えてないので詳細なし

【タイのシーフードカレー】プーパッポンカリー

こちらもタイの名物料理であるプーパッポンカリー。
タイ風のシーフードカレーで蟹と卵をつかったカレーです。

プーパッポンカレー

これも美味しかったですね〜
あまり日本では食べたことないようなカレーでした。
チャーハンと一緒に食べるのがとても美味しかったです。
とりあえずカニの殻がぶあちくて食べるの大変でした。。。

★===
お店の情報
 名前:パトンシーフード(Patong Seafood)
 価格:時価(カニの値段で変動)
 住所:
★===

タイ料理は安くて美味い

とにかくこの感想ですね。
基本日本円で400円程度で美味しいご飯が食べれました。
今回はご飯のみを紹介したので、そのうちまたプーケットの思い出を書いていこうと思います。
それでは.